ホンダエアポート
概要
ホンダエアポートは、1970年(昭和45年)12月1日に供用を開始した民間の飛行場です。
本田航空が管理するこのホンダエアポートは、首都圏に近い位置にありながら広大な敷地があり、滑走路、誘導路、進入角指示灯、夜間照明等の充実した設備が整っています。
全景
施設
名称  

ホンダエアポート

管理者

 

本田航空株式会社   TEL:049-299-1111(代)

位置
(世界測地系)

 

北緯35度58分32秒
東経139度31分31秒

標高

 

37ft

種別

 

非公共用飛行場(H級陸上飛行場)

運用時間

 

通常時 08:30-17:30 (状況により24時間対応)

敷地面積

 

559,353㎡

滑走路

 

長さ600m 幅25m (RWY14/32)

着陸帯

 

長さ720m 幅60m

平行誘導路

 

長さ460m 幅9m

通信設備

 
130.75MHZ オケガワアドバイザリー(事務所にて運用)
オケガワアドバイザリーサポートワン(飛行場にて運用)

飛行場灯火

 

夜間照明・REIL・PAPI

取扱い燃料

 

AVGAS / JET A1