資料
請求

INFORMATION最新情報

ARCHIVES

2019.08.10

航空英語能力証明 対策実施中!!

NEWS, エアライン採用情報

合格率: 100% (8/8名がLevel 4以上を取得)の実績

コミュニケーションエラーによる事故が軽減しないことから、ICAO (International Civil Aviation Organization)は国際航行を行う操縦士に対し、英語能力に関する要件を設定しました。日本もそれに準拠して、「航空英語能力証明」という制度が2006年より導入されました。

この「航空英語能力証明」に合格(Level 4以上)し定期的に評価されなければ、国際線に乗務できません。従って、各航空会社の採用試験でも募集要項の中でも、Level 4以上を保有していることを必須としている会社が多く、就職活動をするうえで大変重要な免許の一つとなります。

Honda Flight Trainig Center (HFTC)では、昨年より対策を講じ、航空英語能力証明を保有する教官が、この制度ができた背景から試験の対策ポイントまで、グループおよびマンツーマンで丁寧に指導し、HFTCに在籍する訓練生の方が免許を取得するサポートを行っています。国内で一貫して訓練を行うと、どうしても“英語力”が弱くなりがちですが、その部分を補い、航空英語能力証明取得取得をサポート行っていきます。

本田航空は、グローバル社会で活躍できるパイロットの育成を目指しています。